「THE FIN」FCS フィンコントロールシステムの紹介その2「PERFORMER」

みなさんこんにちは。

サーフィンのフィンを大阪で選ぶなら100種類以上の中から、実際に見て選べる「ライダーズファクトなんばシティ店」から

前回はFCSのフィンの紹介1「REACTOR」についてご説明いたしましたが、今回は第2弾!!

「PERFORMER」についてご紹介いたします。

表の上段左から2個目の青色とグレーのフィンが「PERFORMER」です。

前回のお話は下記よりご覧下さい♪

「THE FIN」FCS フィンコントロールシステムの紹介その1「REACTOR」

前回は、フィンの各部名称のお話をしましたが、引き続きフィンに関わる用語の方も先にお話しますね。

FINの各部名称

■DRIVE(スピード)・・・ドライブとは、進行方向への加速中におけるターン時のスピード維持度を表します。フィンのベースの長さ、素材、表面積によって

影響されます。ベースが長く大きいフィンはドライブ性が高まり、逆にベースが短く小さいフィンほどドライブ性が劣ります。

■PIVOT(回転性、ターンの大きさ小ささ)・・ターン時の円弧の長さを表します。スイープ角度やレイク(先端の斜出)、フォイル、フィンの高さによって影響します。

スイープが小さいほどピボット性能は小さくなり、スイープが大きいほどピボット性能は大きくなります。

■RELEASE(フィンの抜き具合、トップアクションがしやすいか)・・フィンは波面に接地していると定義し、フィンを海面から外す、抜くといった動作の度合いを表します。

センターフィンのサイズ、スイープ角度やレイク、表面積によって影響されます。センターフィンが小さいほどリリースしやすく、

通常セッティングほどリリースしにくくなります。

FCS PERFORMER

オールラウンドに対応できるパフォーマーのフィンの動画をご覧下さい。

FCS売場

 

ライダーズロゴ

Print

@mrf.namba

ridersfact_namba

RIDERS FACT なんばCITY店
TEL:06-6635-0051

営業時間AM10:00~PM21:00 (不定休)
大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY南館 B1F